離れられない男になるテクとは?−セフレライフ!

セフレと関係を長続きさせる「離れられない男になるテクとは?」。女が離れられない男になる具体的な方法を知ろう。

セフレ探し人気NO.1! 女性が多い穴場サイト
デジカフェ ミントC!Jメール≪18禁≫

今月最もアツかった出会い系NO.1は!?

春が始まったこの季節、最も人気と出会いがある出会い系は「デジカフェ」です!

ちゃんと出会える系、がデジカフェのモットー。まだまだ冷え込む夜にぬくもりを求めて女の子のテンションが上がっている今がチャンスです!

離れられない男になるテクとは?

離れられない男、女に求められる男というのは全男子の理想形だと思います。離れられない男というのは、具体的にどういった条件が整った男のことを言うのでしょうか?

セフレ作りは、ルックスなど表面的なものはあまり重要ではありません。離れられない男とは一体どういう男なのか?そして離れられない男になるテクニックとは?

セフレとの距離感を大切にする

掲載日:2017.12.14

彼女とセフレの違いって何か分かりますか?それは主に「距離感」なんです。距離感とは物理的なものではなく、精神的なものです。

好きな人や振り向いてもらいたい人に対しては、あらゆる方法を考えて距離を縮めようとすると思います。しかし反対に嫌いな人や苦手な人、どうでもいい人に対しては距離を置いたりあまり関わらないようにすると思います。

好きな人にはもっと自分を見てもらうために動き、反対に嫌いな人には興味を持たれないように動く。付かず離れずの距離感とは、まさにこの2つの中間なんです。

特に女は感情で動く生き物なので、くっつきすぎても離れすぎても長続きしません。距離が近すぎればたまに好意を持たれすぎてしまうことがあり、そうなると男としてはうっとおしい存在になり、結果セフレ関係は崩れます。

反対に距離を置きすぎれば、一緒にいたりセックスしても面白みがないと判断され、もっと構ってくれる他の男に移ってしまったりします。

距離感を掴むのが上手い人は、女の感情をとそれに伴った行動をよく知っています。例えば最初のメールの頻度や数、内容を覚えておき、セフレを続けるうちにそれが増えたり減ったり、ハートマークが付くようになったり質素になったり。そういった変化を逐一チェックしているのです。

近くなりすぎだと思ったら離れ、離れすぎたと思ったら近づく。これを繰り返しながらキープしているのです。

セックステクはそんなに必要ない

セフレとの一番深い繋がりは、間違いなくセックスです。もちろんセックス「フレンド」というくらいですから友達として仲が良い二人もいると思いますが、何がきっかけで親しくなったにしろセックスなしでは長く続いていかないでしょう。

だからセックスでどれだけ女を満足させられるかがセフレを長く続けるコツなんだ、と思う男も多いでしょう。しかし実は、テクニック自体はそんなに必要とされていないんです。

セックステクニックといえば、気持ちよくさせたりイカせたりするための技術です。もちろん女も気持ちいい方がいいしイケればより満足できますが、一番大事なことではありません。

ハマる男がするセックスは、とにかく夢を見させます。一番は愛撫の時間で、二番目は掛ける言葉です。

セフレになってくれた段階で、女はその男を認めているし好意も大なり小なり持っています。そんな気を許した男から、長く愛撫をしてもらえると大切にされている気分になります。それが物理的に気持ちいいかイマイチかはあまり関係ないのです。

それと同じくらい効果的なのは、甘い言葉を掛けること。好きだよ、愛してる、なんて勘違いさせる言葉は使っちゃダメですが、可愛いね、すごく綺麗だよ、積極的だねという褒め言葉はどんどん使って気分を盛り上げてあげましょう。

複数のセフレを同時に作る

離れられない男というのは、どこか危なさがあったり不安定だったり「何だか追いかけてしまう」タイプの男です。別にワルがモテるというわけではなく、自分以外にも女がいるのかも?とか、自分と会っていないときはどうしてるんだろう?と気にさせる男がモテるのです。

でも、気にさせる男ってどうしたらなれるんだろう?と思いますよね。実は、本当に他の女を作ってしまうのが一番簡単な方法なんです。

2人、3人とセフレが増えていけばいくほど、物理的に1人あたりに取れる時間が少なくなっていきます。他の女との予定があればそこは避けて約束しないといけないし、複数人いればお気に入りのセフレなども出てくるため、その子とばかり会うようになれば他の女と会う回数は減っていきます。

一つ一つは小さい出来事かもしれませんが、セフレたちと親しくなっていくにつれて、女は自分以外の存在に小さな嫉妬をし始めます。独占欲が出てくるんですね。

これが強くなりすぎれば面倒なことになりますから、最初は2人同時くらいから始めるのがおすすめです。女の性格にもよるので、しばらく続けてみてもさっぱりした人が多ければ人数を増やしていってみましょう。