セフレ同士のバッティングは絶対NG!−セフレライフ!

セフレと関係を長続きさせるには「セフレ同士のバッティングは絶対NG!」。女が離れられない男になる方法は?

セフレ探し人気NO.1! 女性が多い穴場サイト
デジカフェ ミントC!Jメール≪18禁≫

今月最もアツかった出会い系NO.1は!?

春が始まったこの季節、最も人気と出会いがある出会い系は「デジカフェ」です!

ちゃんと出会える系、がデジカフェのモットー。まだまだ冷え込む夜にぬくもりを求めて女の子のテンションが上がっている今がチャンスです!

セフレ同士のバッティングは絶対NG!

セフレを二人以上作る場合の話ですが、セフレ同士のバッティングは絶対NGです。バッティングはアフターフォローが大変ですし、場合によっては二人とも離れていってしまうからです。バッティングしない方法とバッティングしてしまったときの対処法を知っておきましょう。

女にとっては浮気と変わらない

掲載日:2014.02.24

バッティングとは、自分が一人のセフレと歩いているときに別のセフレとばったり出会ってしまう状態のこと。別のセフレは「あ、あいつ他の女と歩いてる」と思うと同時に「何で私以外の女と一緒にいるの…」と少なからず嫉妬心がわき上がってきます。

恋人でもないのに関係ないじゃん、と思うかもしれませんが、男も自分と仲良くしてくれている女性が他の男とイチャイチャしていたらちょっとムカっときますよね。女は特に他の女を抱いた手で触ってほしくないという思いが強く、それが過去の話なら良いのですが同時進行はもってのほか。感情的には浮気となんら変わらないのです。

バッティング後はアフターケアをちゃんとしてあげないと、今まで身体の相性がとても良かったし気が合っていたのにあっさり連絡が取れなくなってしまった、ということも十分ありえる話。

セフレは何人作っても構いませんが、なるべくバッティングしないように努めましょう。

バッティングしない方法

バッティングすると関係が悪化したり最悪音信不通になったりしてしまいますが、そもそもバッティングしなければそんな心配は無用です。セフレ同士が出会ってしまう原因として考えられるのは、生活圏内が同じ、待ち合わせ場所が同じという2つが最も多いのではと思います。

確かに自分や相手の家から近い駅や建物は、待ち合わせもしやすくそのあとの過ごし方も計画しやすいです。しかし便利だからといって毎回同じエリアを使っていると、極端にいえば自分のセフレが街中に溢れている可能性があるということ。

セフレを増やすほど確率は高まりますが、セフレが2人だけだからといって絶対に会わない保障はありません。

面倒なのは承知ですがセフレによって待ち合わせの駅や建物を変える、なるべくホテルまでの流れのプラン・コースを変えるなどの工夫が必要なのです。セフレが多く飽きられない男は、この方法を上手く取り入れて全ての女性に私だけなんだと思わせる術を持っているのです。

もしバッティングしてしまったら

気をつけていても天のいたずらで、セフレ同士が鉢合わせしてしまう場合があります。会ってしまったときに考えられるのは、気付かれたけどそのまま行ってしまった、もしくは気付かれて声を掛けられてしまった場合の2つです。

どちらの場合でもまずするアフターケアといえば「メール」。
電話までいくと事が大きいような感じになってしまうのでメール程度が望ましいです。

まずそのまま立ち去られてしまった場合は、「今日はびっくりしたよ。街中で会うなんてなかなかないからなんか恥ずかしかった」と少し論点をずらしたメールを送り、相手から「女の子連れてたね」と核心を突かれたら「うん、あれ高校の時の友達なんだ。あいつとも街でばったり会って驚いてたんだよね」と昔の友達&偶然会ったという安心できる関係を伝えます。

自分の女でないことと偶然ということをさりげなく伝えることが大切です。

一方声を掛けられた場合は、「ごめん今ちょっと急いでるんだ、後でメールするね!」と一旦かわします。そして一緒に歩いていた子には「あれ昔の彼女なんだ」といい、セフレには後でメールで「高校の時の友達と同窓会に向かってたから急いでで。ごめんね!」といえばいいだけです。

これで2人のセフレは離れていかずに済みますね。