女がセフレ欲しい!と思う瞬間を狙うべし−セフレライフ!

女をしっかりセフレにするには「女がセフレ欲しい!と思う瞬間を狙うべし」。友達止まりかセフレになってもらえるかはテク次第。

セフレ探し人気NO.1! 女性が多い穴場サイト
ウラデジ ミントC!Jメール≪18禁≫

今月最もアツかった出会い系NO.1は!?

春が始まったこの季節、最も人気と出会いがある出会い系は「ウラデジ」です!

ちゃんと出会える系、がウラデジのモットー。冷え込む夜にぬくもりを求めて女の子のテンションが上がっている今がチャンスです!

女がセフレ欲しい!と思う瞬間を狙うべし

女性はセフレという言葉や立場が嫌いなのにも関わらず、実際はセフレを作ったり付き合ってないけどセックスした、という経験がある女性は25%近くもいると言われています。

中には、付き合わなくても良いからセックスしたーい!と言うほど男を求めている女性も・・・。セフレが欲しくなるのはどうやら男だけじゃなさそうです。タイミングが合えば、セフレ作りも楽になるかもしれません。

愚痴が多くなるタイミングを狙う

掲載日:2019.05.09

男が欲しいセフレと女が欲しいセフレはまた少々違うものではありますが、それは本人の気持ちだけの問題で、はたから見れば全く同じ関係です。つまり「付き合っていないけどセックスする」って仲ですね。

男が性欲を発散するためにセフレが欲しいのなら、女性がセフレが欲しくなるタイミングというのは「慰めて欲しくなった」ときです。

普通悩みがあれば、彼氏や旦那がいる女性はその相手に相談や愚痴をこぼすはずです。しかし彼氏や旦那自体がイライラや悩みの元凶だった場合、まずは同性の友達に相談しますが、共感してもらえても悩みの根本は解決しません。

異性との間の悩みは異性としか解決できないものなんです。

女性は悩みや相談に具体的なアドバイスは必要ない!というのは有名な話ですよね。ただ共感してもらえたり、大変だったねと包んでもらうだけでいいと。男によしよしされて抱きしめてもらいたい!と強く思うと、他の男が無性に欲しくなるのです。

もしメールをしている相手が、彼氏や旦那のことはもちろん、仕事のことを愚痴ってきたりしたら、頼れる存在があなただけということが考えられます。弱みに付け込む・・・と言ったら語弊がありますが、ここで親身に寄り添うことで悩める女性たちの力になってあげることもでき一石二鳥とも言えます。

誘って欲しそうな瞬間を見極める

人間は敏感すぎても自意識過剰になってしまうし、鈍感すぎてもチャンスを逃してしまうしで、もうちょっと上手く女性や恋愛に立ち回れたらいいのに・・・と思いますよね。しかしセフレに関しては、ヤレる女を見極めるため敏感すぎるくらいがちょうどいいんです。

女性は基本的に寂しがり屋ではありますが、「会いたい」とか「寂しい」とは意外と口にしません。重たい女だと思われたくないからです。代わりに、どうにか直接寂しいと言わずに分かって欲しい!と思っています。

そのサインは必ずメールや会話の中で出てくるので、女性からのメールはただの世間話であろうと毎度チェックする必要があります。極端な話、メールの量が増えたり文章が若干長文になったり、女性本人すら気付いていない場合も。

でも奥底では構ってほしい、誘ってほしいという気持ちが眠っているので、何か変化があったときは「何かあったら言ってね」「大変そうだね、来週あたりお茶でもするか〜?」など気遣ってあげましょう。

女性は誘うのではなく誘われたときのほうが、男に誘われたからという言い訳ができるので比較的簡単に会ってくれます。

夜にメールが集中するときはヤリたいサイン

一般的な生活をしていれば、朝から昼間は忙しく、夜は時間が空くというサイクルになるでしょう。だから夜や深夜の時間帯にメール交換が盛んになるのは自然なことなんですが、昼よりも多いというレベルではなくメールなのにまるでチャットかLINE?ってくらいポンポンと会話が進むようなら、それは夜の過ごし方に不満を抱えてる証拠です。

趣味や一人の時間、男との生活が充実している女性ならば、わざわざどこの誰とも知れぬ男とメールする必要がありません。夜の時間を男とのメールに使うということは、誰でも良いとまでは言わないが「構ってくれる男に甘えたい」という気持ちが強くなっています。

朝や昼間は判断力が研ぎ澄まされていますが、夜は疲れと時間帯もあって鈍ってきます。同じ男が明るい時間帯と暗い時間帯に誘っても、明るい時間帯なら断られる可能性が高くなります。

特に出会い系サイト内のメールや、すでに一度会った相手とのメールやLINEでこの傾向がある場合は、他にたくさんの選択肢があるであろう女性のほうからあなたを選んでメールしてくれてるってことになります。

ただ、夜メールが弾んだからといって一気に畳み込むのではなく、ゆっくり関係を深めるように注意してください。危機感を与えてしまうのはほんの一瞬ですから。