セフレを続けるのに必要なお金とは−セフレライフ!

セフレと関係を長続きさせるには「セフレを続けるのに必要なお金」を知ること。女が離れられない男になる具体的な方法を知ろう。

セフレ探し人気NO.1! 女性が多い穴場サイト
ウラデジ ミントC!Jメール≪18禁≫

今月最もアツかった出会い系NO.1は!?

春が始まったこの季節、最も人気と出会いがある出会い系は「ウラデジ」です!

ちゃんと出会える系、がウラデジのモットー。冷え込む夜にぬくもりを求めて女の子のテンションが上がっている今がチャンスです!

セフレを続けるのに必要なお金とは

タダでセックスをさせてくれる女性を「タダマン」と言ったりしますが、セックス自体がタダでもホテル代やお茶代、食事代などの経費は掛かります。セフレと続けていくのに必要なお金はいくらくらいなのでしょうか。

セフレとのデートで掛かる費用一覧

掲載日:2019.09.27

相手がセフレと言えど、していることはほとんど普通のデートと変わりません。ホテルに直行することもあれば、セックスの前後にお茶したり食事をとったりすることもあります。二人の関係性にもよりますが、今回はセフレとの1回あたりのデートで掛かる費用を出してみようと思います。

主な必要経費は「交通費」「お茶代・食事代」「ホテル代」の3つ。

まずセフレと会うのに必要な交通費。往復で1,000円程度にしておきます。
その次に、お茶代・食事代。お店に入るのもそうですし、ホテルに入る前にペットボトルや缶の飲み物を買うのも費用の一部です。500〜2,000円くらいでしょうか。

そしてセフレとのデートで最大の出費ポイントが「ホテル代」。ラブホテルの休憩を選べば約4,000円、朝までコースで宿泊を選べば約10,000円です。

もちろんこれは男一人が支払う金額ではなく、特にホテル代なんかは折半で支払うカップルも多いです。ホテル代を折半した場合、自分が1回あたりのデートで支払うお金は3,500〜6,500円くらいになります。

セフレとのデート代は奢り?折半?

折半という言葉が出てきましたが、男にも女にも「デート代は男が奢るものだ」という固定概念があります。最近では女性も男性に出してもらうのは申し訳ない、と気遣ってくれる人が増えましたが、本音ではできれば相手に支払ってもらいたい!と思っています。

女性はタダで身体を提供し、男はその分デート経費を提供する、って感じですね。

セフレとのデート代を奢るか折半するかは、相手との「年齢差」か「男性の年齢」によるところが大きいです。50代の男性と20〜30代の女性では、若い女性にデート代を出させると一般的には引かれます。このくらい離れていると経済力の差が大きいと考えられるからですね。

逆に30代と20代、もしくは30代同士など年齢差が少なければ、自然と折半という流れになりやすいです。それ以外に、40代同士50代同士などお互いの年齢が高くなるにつれ、年齢差がなくても男性が出す傾向が。

もちろん厳しいときは折半をお願いしても良いのですが、基本的には男性が出すものだと考えておいたほうが良いでしょう。

セフレとのデートで迷わず出すべきお金

最近は男女の経済力の差が少なくなっていて、男性が女性を養うという構図は少なくなってきました。不倫と比べるとセフレは男女が対等で、セックスしたい者同士やエッチな友達がほしい者同士が会っているだけといった感じ。

しかしそれでも女性は男性より「性欲だけで動いてるわけじゃない」のでデートに何かしらのメリットがないと飽きてしまいます。

セフレとのデートでは、しっかり抑えるポイントとズバッと支払うポイントがあります。

しっかり抑えるところは、ホテル代と交通費です。どちらかの自宅が使えるなら自宅で過ごせばホテル代はタダだし、ちょっとゲスな手段ですが相手に来てもらえばこちらの交通費も掛かりません。

反対にズバッと支払うところは、飲食代です。
女性からすればセフレになるメリットは性欲解消ではなく「女性扱いしてもらえる」こと。女性にとって食事を奢ってもらえることは、女扱いしてもらっているのと同じなのです。

男に支払う義務があるといえど、全てを全力で支払うと長続きしません。ただしここぞ!という時に支払える瞬発力と決断力は持っておきたいものですね。

セフレとのデート代節約術

セフレとのデート代は「回数が増える」か「1回あたりを豪華にする」のどちらかで増えていきます。月1よりも毎週会うほうがお金が掛かりますし、月1でも安いラブホテルではなく高級ホテルにお泊りすればデート代は嵩みます。

セフレとたくさん遊びたい場合は、1回あたりのデート代を節約しましょう。自分が街に遊びに出掛けるタイミングでついでにセフレと会う、昼や夜など食事が被りそうな時間は避ける、宿泊ではなく休憩やショートタイムで済ませるなどです。

反対にあまりセフレと会えない・会わないという場合は、1回あたりのデート代を奮発しましょう。

え?それじゃあ出費が多くなっちゃうじゃん!と思いますよね。でも回数会えない相手に対してケチケチしていたら、それこそ他の男に移られてしまいます。また最初からセフレ探しをするほうが大変だしお金も掛かるんですよね。

会える回数は少ないけど豪華で素敵なデートがあるから頑張れる!という女性は多いと思います。遊びだからこそ、ケチな男はすぐに嫌われます。お金が実際にあるかないかではなく「あるように見せる」ことが女性を繋ぎとめるテクニックなのです。